*

カタナのリアブレーキ その2 深刻だなぁ

      2015/10/26




どうも!

今回はマニアックな内容、
カタナのリアブレーキについてです!!

カタナに乗っていて
このブログを見ている方が
もしいるなら
参考にしてもらえれば!
と思うのと
自分のメモ的な感じで
更新します!!

現状で89GSXR1100の
リアキャリパーと
リアホイールを使ってます。

で、ここ最近
リアパッドの減りが
早すぎて困ってます(汗)

今回いよいよもって
駄目だなと思ったんですが、
走行距離にして
おおよそ1000km前後で
新品パットを
まるまる使い切ってました・・・


IMG_1111

リアブレーキに頼った乗り方をしている
自覚はあるんですが、
なんぼなんでもこんなに減っては
安心してツーリングに出れません!

ましてやロングなんて行けないです。


考えられる原因を上げると
1.キャリパーがダメ
2.パットがダメ
3.ディスクがダメ
4.乗り方がダメ(笑)


1.キャリパーがダメ

キャリパーについては
6月中旬にオーバーホール済みで
シール関係も新品に交換しています。

確認してもらったら
変な引きずりもなく
自然に回っている。
これについては問題なし。


2.パットがダメ

パットの銘柄は
超激安のYAMASIDAを
何年も使ってます。
自分のスキル的に
制動力、フィーリング、ライフ
特に不満を感じたことがありません。
※純正比です。
ちなみにフロントも同じ銘柄使ってますが
今回のリアみたいに極端に減る事は無いです。

ストリートで使う分には
何ら問題ないかな?と思ってました。

ただ何故か昨年の
シーズン中盤くらいから
やたら頻繁に交換してます。


3.ディスクがダメ
今現在はBRAKINGの
ウェーブタイプを使ってます。


効き具合とフィーリングについては
違和感を感じないです。

ストリートユースでは
問題ないかな??と

ただちょっと
パット減ってるのに気が付かず
鉄で掴んでしまったので
表面ザラザラではあります(笑)

※こんなに早く減るなんて
 思ってもみなかったのです。

この形状が減りの早い原因!?
と、なんとなく予想。


4.乗り方がダメ

これについては
先頭を走る事が多いので
確かにリアを引きずりながら
探りながらワインディングを
走る場面が多いので
多少なりとも原因の1つではあるかな?と

フェードした事は無いので
無意識にブレーキを踏んでる!?
という事は
おそらく無いです!!

そこで
僕の後ろをよく走る友達に確認したら
あまりエンブレを使わず
ブレーキ操作のみで
減速&コントロールしてる感じはある
との事。

なんとなく自覚有り!

先頭は何があっても
ミスは許されないので
ペースを落とさず
探りながら
マージンをかなり残す。
そして追走者の状況も把握する
スキルが要求される
と思ってるんですが、
それをやろうとすると
どうしてもリアを多用してしまいます。
絶対にめいっぱいの
余裕のない感じで走ってはダメです。

となると
余計な減速をしないように
エンブレは最小限に!
あまりバンクさせない
コーナーリング、
で実際に何かあったら
初めてマジのエンブレ&
ブレーキングという感じかな!?

探ってる時は
リアで抑え込むような
コントロールをしていて
何もないのが分かった瞬間に
抑え込みを解放して
アクセルをガバッと
開けてるかもです。



上記を考えていくと
乗り方については
ちょっとばかり意識して
変えていこうかな?と思います。


とりあえず
今回はいつも行ってる
ショップさんにたまたまあった
中古のパットを付けてもらってるので
これで様子を見て
またしても減りが早いようなら
ディスクを純正タイプに交換して
新品のパットにしてみようと思います!!


結果がどうなるかは
今後のお楽しみ(笑)
どうなったのかは
しっかりと更新しようと思います。


ちなみに
フロントについては
全然問題ないです!

バイクは奥が深いですな~(笑)


もし詳しい方が
このブログをご覧になってましたら
アドバイス頂けると
嬉しいです!!
m(_ _)m


それではお時間です。


 - カタナ, ブレーキ ,