*

キャビア検証ツーリング!山の中でチョウザメ料理を堪能しました♪ 栗駒山麓 山武温泉さくらの湯 宮城県栗原市

      2016/06/15




ども~!
ぼくです。
はとむぎです~

最近
ちょいちょい県外にも
進出してみてます(笑)
今回は
岩手県のお隣
宮城県♪

そして・・・
ほんの少しだけ背伸びをして
贅沢してきました~♪

世界の高級珍味として高名な
あの「キャビア」様を検証してきたのです!

お恥ずかしながら人生初です(笑)

紳士を標榜して?早10数年
紳士たるものキャビアくらいは
マストアイテムだと思われます!?

遅いくらいですね・・・

東北地方で
地産地消キャビアを頂くとなると・・・

東日本大震災の前まで
釜石市で養殖していましたが
津波被害で施設が崩壊してしまい
採算ベースが見込めず
敢え無く解散・・・・😢

※釜石キャビア 詳細ソース
 ユーチューブチャンネル
 岩手日報記事(2011.8.18)

調べてみると福島でも
復興という事で
養殖しているようですが、
岩手からはちょっとだけ遠い?
※福島民報(2012/09/28)

と、いう事で
お邪魔したのが
宮城県栗原市
栗駒山麓は
荒砥沢ダムの傍らにある
さくらの湯さんに行ってきました~!!

IMG_2604
おそらく
キャビアの養殖施設があるのは
北東北ではココだけじゃないでしょうか?

実はちらの温泉は
宮城岩手内陸地震
被害に合わず
かろうじて残りました!

荒戸沢ダムは
かなり頑丈な工法だったらしく
堰堤は崩壊しなかったようです!
よかった~!!

2016-06-13_214506a
崩壊してたら
容赦なく流されていますね!
堰堤の下に温泉があるわけです。

そして
ダムの上からの景色
温泉施設を見た時に
僕の遠い記憶が
どんどん甦ってきました💡

2016-06-13_214713
実は
この温泉・・・
だいぶ前に
来た事がありました(笑)

営業してまだ10年未満??

さくらの湯が
出来たばかりの頃に
ここの周辺の林道を
走り回っていた時期がありまして
その時に
駐車場にトランポを置かせていただきました。

そして、温泉に浸かって
駐車場でそのまま集団で宴会
あとは車中泊という
とってもゲスな行為をしていました(笑)

たしか雪が降る中でした。
冬の車中泊です(笑)

僕の記憶が間違ってなければ
その頃は
まだ宿泊はやってなかったかな?

まあ
だいぶ前の事ですし、
地元の方の案内と
事前に話を通していただいての事です。

いきなり
そんな事はやりませんよ(^^;)

宿に着いてから
その事を話したら
覚えて頂いていたようで
そんな事もありましたね~(笑)
と、ちょっと盛り上がりました!

そりゃそうですよね
そんな非常識な事をやってたら
記憶にも残るワケです(笑)

2016-06-13_225252

微妙な移動距離ですが
とりあえず
疲れ?を癒す温泉です♪
2016-06-13_225005

2016-06-13_225120この日は
ほぼ貸し切り状態でした~
気兼ねなく長風呂


ここからが
今回の旅?の本番!!

未体験ゾーン突入です♪

魅惑の夜ご飯

基本形です。
IMG_2575

山菜の天ぷら盛り合わせ♪
IMG_2579衣はサクサク~っとして
素材の持ち味を引き出され
とっても美味しい仕上がりです。
ピンク色の塩で頂きました♪

岩魚の塩焼き
IMG_2583やたらと美味しいので
ちょっと聞いてみたら
おそらく水が綺麗だからでは?
との事。
各地で岩魚を食べ歩いている方から
ココのはなぜか
特別に美味しいという
お墨付きを頂いているようです。

そして・・・
IMG_2577
チョウザメのカルパッチョ

IMG_2578
ワサビの効いたドレッシングが
イイ感じのアクセントになっていて
とっても美味しいです♪

チョウザメの肉は・・・・
初体験でしたが
変な癖も無く
程よい歯ごたえと
たぶん脂が乗ってたと思いますが
クドくなくサッパリとしていて
とっても美味しいです♪♪

そしてお待ちかねの・・・
IMG_2576キャビア様です😊

一発目
ほんの少しだけテイスティング!
IMG_2581!?!?!?
なんかスゥ~っと溶ける!?

ちょっとしょっぱ目??

下のクリームチーズとよく合う感じ♪

とにかく一瞬で溶けます。

お次はガブッとね♪

なんかですね
クラッカーに乗せたりするのを
何かで見たり
聞いたりしてましたが
なんとなく理由が分かった気が!?

いや~
一歩大人になりました(笑)

以前の僕なら
トンブリとすり替えれられても
分からなかったと思いますが
今回で覚えました(笑)

※チョウザメについてのウンチク
女将さんから教えてもらったんですが
チョウザメはキャビアが取れるまで
最低でも8年くらいかかるそうです。
 
養殖自体は施設があれば
そんなに苦ではないらしいですが
キャビアが取れるまで待てるか?
という問題で続かない場合が多いそうです。
 
福島では平成24年から始めてますので
キャビアとなると
あと4年~5年はかかります。
もし何かがあれば
台無しになってしまいます・・・
 
キャビアの取り方は
帝王切開みたいな要領で
腹を切るそうです。
卵=キャビアを取ったら
そこを針と糸で縫い付けて
水槽に戻すそうです。

それの方法で
チョウザメが死ぬ事はないそうです。 

そしてまたキャビアを・・・
という風にしているようでした。

なので、
今現在の生産量としては 
宿で出せる分しかないという事でした。
もっとあれば
小売店に卸す事もありうるそうです。

そして、 
チョウザメ・・・・
サメというネーミングから
海にいる鮫を連想してましたが
淡水魚です♪
 
ググると
中国では古くは
「エンペラーフィッシュ」
献上品という高級食材

ヨーロッパでは
三ツ星レストランで取り扱われる
高級食材

と、いうように
ワンランク上の逸品です。

お恥ずかしながら
今回初めて知りました(笑)
 

酔っぱらって
写真が面倒になりましたが
〆に茶そば
そしてデザートが出てきました。

なんかですね
わりと食べきるのがしんどい感じ(笑)

アルコールが入ると
かなりのボリューム
堪能させてもらいました~♪


ちなみに朝食は
IMG_2599THE日本の朝ごはん!
という感じ。
王道ですね♪
IMG_2601地元産の自然薯のとろろが濃い~です。

そこに卵を・・・
IMG_2602いや~
これ美味しいわ~♪
ちょっと癖のある感じ?なので
苦手な方
アレルギーある方は
別のを出してもらえます。

が、好きな人は
癖になる粘りとでも言いましょうか?
ちょっとお薦めかも!


お部屋も清潔感がありますよ。
2016-06-13_225537個別のトイレと洗面台・風呂はありません。

食事の方ですが
繁忙期は大広間になるそうです。
今回は僕以外は宿泊無しだったので
個室で頂きました♪

その辺は
臨機応変に対応していただけます♪


駐車場はだいぶ広いです。
2016-06-14_011130停め放題(笑)

バイクでいった場合ですが・・・
2016-06-14_011011空いてる軒先に停めさせてもらいました♪

オーナーの息子さん?
だいぶバイクが好きなようで
バイクにはかなり理解のある宿です。

女将さんの話では
ライダーさんも
よく泊まりに来るそうです。



そして
こちらの
山武温泉さくらの湯
宮城岩手内陸地震の時の
資料を見せてもらえます。
IMG_2597

IMG_2598

IMG_2595

IMG_2591かなりいっぱいあり
当時のお話も伺うことが出来ます。


そして、
地質学者の方などが
今現在も調査がてら宿泊に来るそうです。

復旧工事はだいぶ終わっているので
工事関係者の宿泊は
現在では落ち着いています。

まあ、
来る途中の峠道
山奥にしては
かな~り立派♪
2016-06-13_214547

2016-06-13_214622
人里がだいぶ離れてますので
無理しても大丈夫そう(笑)

ちょっと細かい感じですが
走りも楽しめますよ♪

道を全然覚えてませんが
また林道も走りたいな~

工事の範囲から察するに
被害規模は甚大です。
山の様子も様変わりしていると思います。

と、いう事で
そんなに遠くないですが
一泊ツーリングを楽しんできました♪

住所:〒989-5361
   宮城県栗原市栗駒文字荒砥沢45−27
電話:0228-47-2111

予約は電話のみです。
楽天トラベルとか
じゃらんNETとか利用できません。

キャビア付き1泊 2食
10,800円(税込)

生ビール1杯 600円だったかな?

アルコール類の販売機あります。

食事のみもOKですが
キャビアは要予約です。

※飲み物の持ち込みは有料になります。

そして、
ロンリーゲス野郎ライダーの皆さん!
2016年現在
東北でキャビアはココだけだと思います。
こういうコアな情報は要チェックです。
高級食材は女性にウケがいいです♪
デートのネタには最高です(笑)
バイクじゃなくてOK!
なんとかして誘い出しましょう。
キャビアですよ

この時のツーリングルートは
別記事にてまとめるつもりです。

それでは
そろそろお時間です~
ヽ(^o^)丿

 - グルメ, 女子力向上委員会, 宮城の観光 ,