*

林道ツーリング 超初心者の為のライテク講座! 基本スキルの習得方法!!

   

どうも!

昨日のエントリー
超初心者の方が
まず最初にするべき事!
という内容を書きましたが、
あれから
またまた考えたり
先輩の意見も頂いた上で
改めて特集します!!

昨日から調子に乗ってますので
ノリノリなうちにまとめてます(笑)

基本スキルの習得方法!
という事で
オフロード初心者
ほぼほぼバイク初心者の方に
向けての内容になります。

初心者の中でも超初心者!
基本も分からないという
レベルの方に向けての内容です。
普通に乗れてる人は
華麗にスルーでお願いします。


まずやるべき事を3つ上げます!
ストレートのフル加速
ストレートで遅乗り
八の字

シンプルに
この3つを集中してやってください。
で、いきなりダートでやるのではなくて
舗装路から始めてください!

昨日のエントリーで
ストレートをキッチリ!
と書きましたが
その他に
普通に考えて
開けらんないシーンが多々あるので
遅乗りも必要かな?という事で
付け足し~です。

そして教習所でも習う
八の字
ロードでも必要な八の字
超重要ですね!!

この八の字を・・・
片手で出来る様になればOKです。
僕、実はまだできません(笑)
偉そうなこと書いてますが
片手八の字できません(涙)


タイヤはトレールタイヤ

こういうヤツの場合です!


MICHELIN Enduro Competition6 120/90-18 65R TT R…

MICHELIN Enduro Competition6 120/90-18 65R TT R…
価格:12,400円(税込、送料込)

もし最初からこういう
エンデューロタイヤが付いてるんであれば
ダートから始めましょう!
エンデューロタイヤで舗装路は
たぶん滑るので
お薦めしません。


舗装で出来る様になったら
フラットダート!

フラットダートで出来る様になったら
荒れ気味のダート!

やる場所の難易度を上げてみてください!!

ストレートフル加速は
絶対必須です!!
ストレート開けれない人が
カーブは開けれません。

フラットなストレート開けれない人が
アップダウンだったり
荒れたところを
開けれるはずありません。

なので徐々に
実践する場所の難易度を上げてください。

ストレートの
遅い乗り方ですが、
林道ツーリングの場合は
極低速のバランス感覚が
必要になるシーンが多々あります。

いつでも全開!
ノリノリでイケれば良いんですが
刻々と状況が変わる
オフロード
なかなか教科書通りにはいかないワケです。

その状況に応じて
空気を読むというか
ケースバイケースに
対応していかないといけません。

遅く乗るという事は
バイクが安定しずらいので
速い時よりも
積極的にバランスを取る必要ありです!
アクセルワーク
クラッチワーク
ステップ荷重
等々
勉強になると思います。

ツーリング中に
開けられないシーンに当たったら
極低速でゆっくり確実に
前に行く必要があるワケです。

そうなんですが、
開けられないシーンでも
なるべく早い段階で
開けれる状態を作る!
という作業は必要です。
開けれる状態=安定した状態
その為の
遅い乗り方なワケです。

舗装でやって
出来るようなったら
フラットなダートで!
そこでも
ある程度出来る様になったら
今度はアップダウンのある所で
やってみてください。

上りであれば
普通ににアクセルを開けてれば
何の問題なく行けるところも
0発進で遅乗りをすると
意外とフラフラすると思いますよ!?
積極的にバランスを取って
微妙なアクセルワーク
クラッチワーク
ブレーキの使い方
総合力が試されます。

徐々に斜度をきつくしていけば
とっても練習になるかな?
と思います。

逆に下りの遅乗り!
ブレーキの使い方
バランスの取り方が
とっても重要になってきます。

林道ツーリングしてると
間違って
乗って降りれる~?
ヤバいんじゃないか??
くらいの激下りに遭遇する事も
あるかと思いますが、
そういう時に活きてきます!

八の字は
カーブの基本なので
ミナまで言わなくても・・

なんで必要なのか?
というのは上に記した感じです。

3つ集中してほしいんですが、
ひとまずは
ストレートについて
やってみてください。
それから八の字。

今の今
まとめていて思ったんですが、
モトクロスとか
競技であれば
必ず全開が必要です!

林道でも
ストレート全開加速の
スキルは必須ですが、
走行速度的には
ほぼほぼ極低速の方が
使う頻度が高いと思います。

なので
両極端の事を
どっちもやれないと
乗れる!
という状態ではないのかな?
と思います。

遅乗りもバカにできませんよ!!

乗れる!と
乗った事ある!
では全然違うので
間違わないようにお願いします。

以上の事を実践して
ある程度出来るようなってくれば
加速時には自然と
前乗りになってると思います。
フルブレーキング&
激下りの時には
自然に体が後ろに行ってると思います。
フォームが良くなってきてると思います!!

なぜ「自然に」「自然と」
強調するのか??
それは、考えてから動くのでは
操作としては遅いからです。

ロードバイクよりも
オフロードの場合は
状況の変化が目まぐるしいです。

バイクはバランスの乗り物です。
積極的にバランスを取っていく
という事は
その瞬間瞬間の
重心の真ん中に居る必要があります
重心の真ん中に居れれば
左手に団扇くらい余裕になります!?
速い時は速い時の重心
遅い時は遅い時の重心
なので、いちいち考えていたら
操作が遅れてバランスが崩れていきます。

頭で考えるのではなくて
体で覚えて
無意識に重心の真ん中に居る為の
意識するべき
3つの練習方法でもあるのかな?と思います。

さらにプラスすると
バイクは行けるんです!
人が行けないだけ!!
バイクの邪魔をしないように乗る。
バイクの性能を引き出す為の基本!
タイヤの性能を使い切る為の・・・

しつこいですね(笑)


ここまでの事を理解して
ある程度出来る様になっていれば
基本スキルは身についてると思います。
林道ツーリングに役立つ実践テクニック オフロード
実践編にいっても
すんなり出来る様になってると思います!

そして、
これで覚えたことは
オフロードのみならず
オンロードにも応用可能です!

いや~
超理屈っぽい内容になっちゃいました~(笑)
しかも偉そうだし(笑)

おっかなびっくりを卒業して
公道を安全に
ある程度乗れるようになるまでの
道しるべです!

レースとか
サーキットとかになると
もっと覚える事が多いと思います。

と、いう事で
そろそろお時間です~

最後まで
ありがとうございます
m(_ _)m



PS
ぶっちゃけ
モトクロスやれば
身に付くの早いです。
いっきに覚えれますよ~(笑)

敷居が高い!
と感じてる人の為の
1つの手段です!!

そして
やってる事
方向性はみんな同じだと思うんですが
感じ方が違うと思うので
聞く人によって表現が変わると思います。

そこが初心者の迷う所でもあるかな?

僕は
ど素人の無名ライダーです。
参考程度にしてくださいね~(笑)

間違いに気が付いたら
訂正のエントリー上げます!

 - 林道ツーリング ,