*

自動追尾型ドローン Lily バイクの撮影について

      2015/11/19

自動追尾型ドローン Lily


どうも!

最近?動画編集にはまっている
はとむぎです(笑)

動画編集
前々からやってみていましたが
Motovlogという表現方法を取り入れてから
前にもましてドハマリしております(笑)

未だに懲りずに
ユーチューブに動画
アップロードしております(笑)

今使ってる機材は
GOPRO HERO4 Silverがメインで
補助でHERO3と
SonyのHDR-AS30Vを使っています。

現状では
クオリティが
とっても低いので
どうやったらクオリティを上げれるか?
色々と考えているワケですが、
(構成、編集含め)
当然ドローンもどうなのか?
とは考えたことはありました!

でも
ドローンは操縦しないといけないので
バイク乗りながらは無理~!!

ですが、
操作不要
追尾型のドローンがあるらしい
ということで
遅ればせながら調べてみました(笑)

Lilyという商品名らしいです。

こちらで紹介されてますね♪

スペック 使い方
※詳しくはこちらから!
 https://www.lily.camera/

使用方法は
電源を入れたら
ぶん投げればすぐに撮影開始するみたいです!
トラッキングデバイスという
リモコンを持ってればOKみたいです。
とってもお手軽ですね!!

2015-11-11_040432本体
・縦×横×高さ 26.1㎝×26.1㎝×8.18㎝
・重量 1.3㎏
・IP67防水 
 塩水に浸かった場合はすぐ洗った方がいいらしい
 リリーは潜水艦ではありませんと書いてます(笑)

カメラ
・1080p HD video at 60fps
・720p Slo-mo at 120 fps
・4GBのマイクロSD対応
 フレームレートなどは問題なしですね!!
 4Kじゃないですが綺麗に撮れると思います。

バッテリー
・交換不可(防水の為)
・2時間でフル充電
・平均速度 時速25kmで稼働時間20分程度 
 (使用状況により18分~22分)
・アプリか
 トラッキングデバイスで
 バッテリー残量の確認可能

2015-11-11_040452ユーザーからの飛行設定範囲
(トラッキングデバイスから)
・距離 1.75m~30m
・高度 1.75m~15m
・後ろ 前 横 ループ が可能
・最高速度 時速40km

風速32km/hでテストしてるみたいですが
風速24km/h以内での使用を推奨してますね!

障害物回避機能は無し

飛行中に
トラッキングデバイスをロストした場合は
所定の位置から回復しようとするようです。

空中でバッテリー切れになる前に
スムーズに”着陸予定”らしいです。
バッテリー不足の場合はパルス送信されるようです。

気になるお値段は・・・
先行販売期間の段階で$799 送料$20
今ならこの値段みたいです!
先行販売期間が終わったら
標準小売価格$999になるようです。

※6月15日までにオーダーした場合は
 $499だったようです!!
 今は違います~

そして
1年間の製品保証付き
これは嬉しい!!

6月15日までのオーダー分は
2016年2月出荷
6月15日~10月15日のオーダー分は
2015年5月出荷
10月16日以降のオーダー分は
2015年8月出荷
という事のようです。

肝心のバイクに使えるのか??
という点についてですが、
僕的の想定の中では
残念ながらまだ使えないですね~

林道ツーリング
障害物が多すぎてぶつかります(笑)
フラットダートだと
余裕でぶっちぎっちゃいますね

ロードツーリングでは
言わずもがなという事です(笑)

速度が全然あわないですね・・・

もしバイクで使うとしたら
障害物が何もない前提で
クローズドされた
トライアルセクション
ジムカーナコース
なら面白い画が撮れると思います!!

モトクロスは・・・
コースの規模次第
撮影される人の腕次第
といったところでしょうか。
場合により使えそうではありますね。

紹介動画であるように
ウインタースポーツの
パークとか
グランドトリック
もしくは
カヌー
サーフィンなどを
想定してるんだと思われます。

と、いう事で
用途がバイクツーリングとなると
まだ買い時ではないという感じですね~

そろそろ
お時間です
それでは~!!

 - ガジェット